ニチマの特徴講師陣

個性と才能を引き出す講師陣現役のクリエイターや
アーティストが表現の真髄を伝えます。

マンガ・イラスト系特別講義

漫画家里中 満智子

[担当科目]
特別講義

誰かのために描けることがプロの条件。

自分自身にしかできない表現を探してください。人それぞれに、オリジナリティは誰もが持っています。しかし、「今の流行」に合わせようとし過ぎると、その大事なオリジナリティは眠ったまま目覚めないという事にもなりかねない。「自分にしかできない表現」を追求してほしいと思います。技術的な事は、学校などの「教わる場」があるのなら、どんどん利用して自身の実力アップにつなげた方が良い。独学で遠回りをするのなら、その時間を自分自身のオリジナリティの発掘に費やした方が良いという考え方もあります。クラスの仲間や先輩後輩たちのさまざまな作品に接して客観性を育てる事ができるというチャンスに恵まれます。作品創作の勉強の場としての専門学校で、学習に対して積極性を持って臨む事は、とても重要ですね。

漫画家として長く活躍中。マンガジャパン事務局長、デジタルマンガ協会副会長、文化庁文化審議会委員。
代表作「アリエスの乙女たち」「レディーアン」「天上の虹」「あすなろ坂」「鶴亀ワルツ」 その他多数。

漫画家樹崎 聖

[担当科目]
特別講義

「今」だから描けるモノがある!

紙の出版が衰退の一途をたどっていますが、ネット上でも新作漫画が無料で読めるのが当たり前になりつつあります。すると、出版社が電子書籍をやる意味がなくなり、人気のある作品だけが単行本化のためにスカウトされるようになるかもしれません。今はそんな大変革の最中です。漫画業界は過渡期に入ろうとしているのです。しかし、過渡期だからこそチャンスがあります。誰も考えなかった、電子だからできる漫画が生まれる可能性もあります。アニメやカラーや音も電子漫画ならアリです。

漫画元気発動計画的代表・電子漫画書籍Domix編集長。
代表作「ハードラック」「とびっきり」週刊少年ジャンプ連載。「タキオン・フィンク」週刊少年ジャンプ増刊。「交通事故鑑定人 環倫一郎」原作・梶研吾、スーパージャンプ連載。「ZOMBIEMEN」月間アフタヌーン不定期連載 その他多数。

漫画家結城 さくや

[担当科目]
プロット・ネーム概論
資料研究/総合プラン

まずは「漫画が好き」なだけで
OKです。

デビューを目指すには、ひとりよがりにならない、読者をイメージした作品づくりが大切です。今は雑誌だけでなくWebもあり、漫画全体としての世界が広がり、自分の作品が人の目に触れるチャンスが多くなっています。まずは漫画が好きなだけでいいから入学してください。好きな漫画を描く中で客観的に自分の弱点を見つけ、それをなくすための2年間を過ごしてほしいと思います。いい作品ができたら、卒業後も心強いように、在学中に編集者への橋渡しをしたいと思います。

一迅社「ZERO-SUM」でデビュー。アスキー・メディアワークス「電撃コミックガオ!」、一迅社「Comic REX」などで連載。「迷宮街輪舞曲」、「断罪乙女」、「えんまの花嫁と決めつけられた不幸な俺の人生計画」、アンソロジー作品集「春日野高校女装部」など、さまざまなジャンルで幅広く執筆中。

イラストレーター大平 恵里翔

[担当科目]
CG作画技法

二次創作されるような作品を
目指そう!

授業では少しでもイラストとしてのクオリティが高められるように、一人ひとりの作品の絵柄や個性に合わせたサポートを心掛けています。やる気と向上心と探求心があれば、時間はかかっても成長できます。そして何よりも描き続けることが大切。若い皆さんは作品を作る時間はまだまだいっぱいあります。その時間を活用して、将来のためにできるだけページ数の多いポートフォリオを作って下さい。そして情熱を持ち続け、自分の作品が二次創作されるようになって欲しいと思います。

可愛らしさと少々の暗めなテイストを織り交ぜた作風が特長のイラストレーター。「現実に無いものを、自然の色とはかけ離れた色彩で描く」独自の世界観を展開。イラスト、キャラクターデザイン、CD等のジャケットデザイン、HP関連のイラスト、挿絵、漫画等を幅広く手掛ける。「SeNMU」のペンネームにて、雑誌・WEBなどマルチに活躍中!

イラストレーター田中 余史子

[担当科目]
デザイン実習

後悔しないように学び、頑張りましょう!

未来は心次第で、良い未来がくると信じれば「そうなるように」人は動き結果を残します。「あの時やっていれば」ではなく「あの時やってて良かった」人生にしたいですね。

華やかな色彩や独創的な衣装のキャラクターが印象的な作品が、雑誌やWebで注目され人気となる。様々な媒体のイラストの他、広告・ロゴ・アバターのデザイン等も手がける。多彩な表現力を持ったイラストレーター。

漫画家棚園 正一

[担当科目]レポートマンガ・リメイクマンガ

「学校へ行けない僕と9人の先生」(双葉社)、「マンガ・うんちく名古屋」(KADOKAWA)など漫画雑誌だけでなく、トヨタ自動車の労働組合会報誌「はぁい」会社紹介漫画や、企業社員の営業ツール用の似顔絵を手掛けるなど、マルチに活躍中。

イラストレーター・漫画家Dite

[担当科目]特別ゼミ

角川スニーカー文庫『黒猫の愛読書』(藤本圭著)の挿絵や雑誌ラプキス(笠倉出版)の表紙などを担当。漫画単行本では『エデンの箱庭』(マックガーデン)、ecrii(飛鳥新社)にて漫画『LINKAGE』を連載。現在は幻創文庫WEB小説『東京探偵小町』(倉沢はすみ著)のイメージイラストを担当するほか、ゲームなどのキャラクターや衣装も手掛ける。

漫画家寝猫

[担当科目]作品制作実習、デジタルマンガ実習

OL、主婦、平凡に子育てをした後、ふと思い立ち、家族に「わたし、漫画家になる」と宣言。2002年、40歳にして「本当にあった愉快な話」(竹書房)で漫画家デビュー。
どんなジャンルでも描けそうなものは何でも描いていくという姿勢で描き続け、ショートコミック誌やWeb、書籍などで活躍中。主な作品には、著者のリアル体験を描いた感動&爆笑エッセイコミック「親が終活でしくじりまして」などがある。

漫画家中村 剛

[担当科目]作画基礎実習

集英社、小学館の漫画雑誌にて人気作家のアシスタント(「ジョジョの奇妙な冒険のアシスタント。「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」チーフアシスタントなど)を経験し、現在は名古屋で独立して活動中。

イラストレーター木村 武司

[担当科目]カラー描写実習

1956年愛知県生まれ。名古屋芸術大学美術学部卒業。広告会社、デザイン事務所勤務の後、フリーのイラストレーターとして活動中。多様な分野で、情緒的でハートフルなイラストを描く。

イラストレーターMA・CO

[担当科目]プロット実習

制作事務所CAT'S EAR 主宰。
各種媒体や広告、イベントのためのイラストや漫画の制作などを行う。名古屋市中心にイベントでの席描き、新聞等での政治家の似顔絵なども制作。日本漫画家協会会員。

漫画家前川 かずお

[担当科目]特別授業

講談社『ヤングマガジン増刊エグザクタ』にて『闘技創世紀伝DEI48』でデビュー。その後も、講談社『ヤングマガジン』にて、『逆転裁判』『逆転検事』などを連載。その他、白泉社、少年画報社などさまざまな出版社にて執筆している。

漫画家樋野 貴浩

[担当科目]特別講義

日本マンガ芸術学院マンガコース卒業生。卒業後、投稿や受賞を続けて第75回ちばてつや賞優秀新人賞を受賞し、講談社ヤングマガジン誌デビュー。そして第77回ちばてつや賞ではヤング部門の「大賞」を受賞し、2018年10月から週刊ヤングマガジン本誌にて「KING BOTTOM」を連載。

漫画家前田 恵美

[担当科目]キャラクタープラン実習

十代で「別冊フレンド」(講談社)にてマンガ家デビュー。少女漫画だけでなく、少年漫画なども手掛け、読み切り作品や書籍イラストなども発表。近年は三枝えま名義で、月刊コミックゼノン「笹川さん家の愛猫シロウ」を連載。月刊少年シリウス(講談社)pixivコミックにて「我楽多郷の借金ガール」好評連載中。

日本画家貝塚 茜

[担当科目]デッサン実習

愛知県芸術大学にて日本画を専攻。三重県立高校の非常勤美術講師などを勤める。日本画作家として日本美術院展作家や個展、グループ展などで精力的に活動。「第66回春の院展」初入選。「第24回臥龍桜日本画大賞展」大賞、「上野の森美術館大賞展」入選、「名古屋寺町芸術大賞展」CBC放送賞など受賞。個展は2014年「まがときどき」ギャラリー彩、2017年「AKAKOKOKO」ギャラリーMOS、2018年「赤のアンノウン」ギャラリーかんしょ、2020年企画展「IKIMONO 2020 愛しき地球 -ほし- の生命体」参加。

イラストレーター・漫画家天津 いまる

[担当科目]キャラクター創作実習

イラストレーター

[担当科目]投稿作画実習

小説・クリエイト系講師

作家・出版プロデューサー榎本 秋

[担当科目]
カリキュラム編成
長編・総合演習

小説家になりたい人に
大切なのは、何より「やる気」。

小説家になるために必要なテクニックや考え方を指導します。アイデアの出し方や、やってしまいがちな文法ミス、物語を着実におもしろくするための考え方など、独学ではわかりにくいポイントをしっかりフォロー。小説家になりたいと思う皆さんに一番大切なのは、何より「やる気」です。授業での課題は多く、日々の授業を受けながら長編を書くのは簡単なことではありません。しかし、やる気をしっかりと出して、がむしゃらに食いついてきてくれれば、必ず力がつくと信じています。

1999年よりwebプランニング、ゲーム企画に携わる。フリーライター・書店員を経て、2004年初頭より起きたライトノベルブームで評論家として台頭する。日本史関連の著書も多い。2012年度から専門学校日本マンガ芸術学院の小説クリエイトコースの指導やカリキュラム作成に関わる。2014年、福原俊彦名義で「裏門切手番頭秘抄-青雲ノ閃-」にて時代小説作家デビュー。

小説家西谷 史

[担当科目]
ストーリー実践
キャラクター実践

自分のイメージを正しく伝える
正確な文章を。

「小説を書くために大事なことは何ですか?」と質問されることがあります。答えは簡単。「頭の中に思い浮かべた人や情景を、そのまま読者に伝えることができる文章力を身に付けること」です。ストーリーやキャラクターには自信があるけれど文章は苦手という人がいますが、文章が苦手な人をデビューさせてくれる出版社などありません。正確な文章と上手な文章は必ずしも同じではありませんが、まずは自分のイメージを正しく伝える正確な文章を書けるようになることが小説家への一歩です。

1986年「女神転生」で小説家デビュー。同作品はOVA化やゲーム化などでヒット作品となる。その他「神々の血脈」「東京SHADOW」「タイムブック1986」「真・女神転生 エル・セイラム」等、多くの著作がある。近年「すごいライトノベルが書ける本」など、作家育成に関しての著作・共著も手掛ける。

ライター・編集者榎本 海月

[担当科目]作品制作、ストーリー基礎

榎本事務所にて編集制作並びに若手作家の指導に長年携わる。自身でも毎日新聞のフリーペーパー「まんたん」や「活字倶楽部」に寄稿するほか、「ライトノベル作家になるシリーズ」「レシピシリーズ」(共に新紀元社)「絶対誰も読まないと思う小説を書いている人はネットノベルの世界で勇者になれる。ネット小説創作入門」(秀和システム)などを執筆。2012年度から専門学校日本マンガ芸術学院の小説クリエイトコース担任講師を努める。2015年、代小説作「隠密代官」(だいわ文庫)著者、暁 知明として作家デビュー。

編集者・作家鳥居 彩音

[担当科目]描写演習、発想力演習、世界設定演習

榎本事務所代表取締役であり編集者。作家としても活動。ペンネームは入江 棗(いりえなつめ)。2011年デビュー。代表作「姫君の戦国史」集英社、「時空警備タイムエスパー警備ファイル002 平安女流作家紫式部」学研、「野球小僧 野球青春小説特別号CROSS」白夜書房、「戦国男子!Vol.1」主婦と生活社、「あづま橋髪結い事始」(富士見新時代小説文庫)など。2018年10月に「君がいうならいうなら嘘じゃない」光文社キャラ文庫より刊行。

編集者槙尾 慶祐

[担当科目]小説制作基礎、キャラクター演習

作家事務所榎本事務所に所属。編集、校閲などの業務を任される。2014年から本業と並行し、仙台の専門学校日本デザイナー芸術学院ライトノベル科講師を務め、2019年より本学院小説クリエイトコース副担任を務める。小説新人賞の下読み経験、作家志望者の作品指導経験が豊富。

声優・クリエイト系講師

声優タレント堀江一眞

[担当科目]
演技

自分に制限をかけるな。
言い訳をするな。

「やりたい事」に出会える人ばかりではないので、それが見つかっただけでもラッキー。「やるならトコトン!」がNICHI-MAの合言葉です。私が見てきた学生は皆、プロをめざす意識が高くマジメ。元気でハキハキしているのも良い。たまに、挨拶はもう少し小さい声でもいいよって言うくらい(笑)。楽しい学校ですよ。これから表現者をめざす学生には、若いうちから色んな経験をしてほしい。旅行や映画、好きな音楽を聴くだけでも良い。そこで感じた事がプラスになります。自分で勝手に制限をかけたり、言い訳したりしないで、勇気を出して一歩前へ踏み出しましょう。

アクセント所属。代表作「夏目友人帳」田沼要、「フェアリーテイル」ナディ・ラスティローズ、「S・A〜スペシャル・エー〜」辻竜、「デュラララ!!」矢霧誠二、「グラール騎士団Evoked THE Beginning Black」レグルス、ほか多数。ニチマ特別講師として、毎月の「堀江ゼミ」で声優を目指す学生たちを熱く指導している。

舞台俳優・演出家渡辺一正

[担当科目]
演技Ⅱ、卒業公演総合指導

しっかり準備して自分のチカラを存分に発揮して欲しい。

劇団スマイルバケーション代表を務め、演出、脚本、役者とマルチに活躍。「Here is the 3rd Smile Style」PLAYHOUSE NEO、「桃色の桃、低く跳べ」theaterMOON、NEO企画提携公演「桜姫表裏大綺譚」天白ナビロフト、演劇博覧会カラフル3 1stステージ、「さすらいダンボール」ゆめたろうプラザ、舞台公演「思い出しページ」愛知県芸術劇場小ホール、舞台公演「Friend of Justice」G/pit、「吉幾三特別公演」中日劇場など、俳優業を含め、数々の演劇や演出などを手掛ける。

ダンサーChikako

[担当科目]
ダンス

各地のダンススクールでインストラクターを務める。HIPHOPだけではなく、JAZZ等のさまざまなジャンルのダンスを指導している。
またダンサーとしても名古屋を中心に多数のイベントに出演、主催する。
MOVEMIX優秀賞受賞、元auキャンペーンダンサー、アイドルユニット「CREO」ダンスプロデューサーなどマルチに活躍する。

ナレーター清水 かおる

[担当科目]
ナレーション

「名鉄百貨店」TVCM、「名古屋トヨペット」RCM、「トヨタ自動車」ナレーション、ボストン美術館ナレーション、CBCラジオ〜「海江田万里のマナークリニック」、テレビ愛知〜「ティファニーへの招待」、NHK伝統芸能サミットMC、TVショッピング「ルチア」MCなど多数出演。

俳優近藤 未緒子

[担当科目]
演技

TV番組〜THK:「P-can」再現VTR/NHK:「中学生日記」/CTV「キャッチ!」再現VTR
舞台〜「わが町〜名古屋」ワイルダー・作 はせひろいち・台本/「マンザナ・わが町」井上ひさし・作「背信」H・ピンター:作/「萩家の三姉妹」作:永井愛/「わがババわがママ奮闘記」「見果てぬ夢」その他多数出演。

俳優・ナレーター堀田 和則

[担当科目]
演技・ナレーション

地元中京圏を拠点に活動中。
NHKやCBCテレビの番組では俳優を、その他のテレビ番組やCMではナレーターを務めることが多い。音楽活動も行っており、現在キッスのトリビュートバンド "KISSDO LLS"のリーダー/ギタリストを務めている。

タレント長谷川 巧

[担当科目]
フリートーク

東海三県を中心に、ラジオ、テレビCM、ナレーション、キャスター、舞台など幅広く活動する。ACC中部CM合同研究会タレント賞を受賞。
FM愛知「下垣真希のSKOアワー」、三重テレビ「シネマクルーズ+」、スターキャット「燃えドラ!スタジアム」、CACチャンネル「まいDO?!たうん」など多数に出演中。
現在、ナゴヤドームのスタジアムDJとしても活躍中。

ナレーター加藤 早苗

[担当科目]
滑舌・アクセント

FM愛知「ラジオショッピング」、名古屋テレビ「ミニトピックス」レポーター、TV・R-CMナレーション「NTTドコモ」「ZIP-FMツアー告知」他多数。VPナレーション「リクルート」「マツダデミオ」「住宅金融公庫」」など、その他パソコンゲーム・パチンコ台等キャラクター音声店内放送、吹き替えなどマルチに活躍する。

俳優・タレント田井 順三

[担当科目]
演技

長年、北村想主催「プロジェクトナビ」に所属し、数多くの公演に出演。
その後、「PAO COMPANY」を創立、主催する。CBCテレビ「キッズ・ウォースペシャル」「幼稚園ゲーム」等、NHKテレビ「坂の上の雲」「エスパー魔美」「海図のない旅」「定年ゴジラ」「中学生日記」等、NHKFM「怪人二十面相」「プロキオン201を追え」「渇水」「鍋の中」「三人のお願い」「闇の中のメロディー」「コンダクター」等、名古屋TV「ダムドファイル」テレビ愛知「パパはエステシャン」、中京テレビ「ピーターパンの夜」等、TBSテレビ「新し者」など多数出演。

ミュージシャン松田 大二郎

[担当科目]
歌唱

主にヴォーカリストとして活躍。
ベースや時々、弾き語りもおこなう。NEWMORNING、Ryorchestra、Benighted Majestyにて活動中。
演奏、レッスンなど幅広く精力的に活動中。歌謡曲からシャウトまで何でも歌いこなす。

俳優・タレント鈴村 一也

[担当科目]
発声・アフレコ

東海地区のTV・ラジオCMや番組ナレーションを中心に、キャラクターボイスを多く務める。
中部CM合同研究会 タレント新人賞、タレント賞受賞。東海テレビ「黄金鯱伝説グランスピアー」では妖神オソガイ・黒鯱役の声優を担当。フルCGアニメ映画「猫企画」筋肉猫役、レゴランド内アニメ「レゴニンジャゴー4D」など。