イラストデザインコース

スクロール

  • デッサン実習

  • リアルイラスト

  • 作画構成基礎

  • CGイラスト

  • 背景イラスト実習

  • グラフィックデザイン

  • イラストレーション

  • エディトリアルデザイン

ニチデが発信する
クールジャパングラフィックスを学び
新時代のクリエイターを育成

イラストデザインコースは、基礎描写からパソコンを用いたデジタルイラスト技術、それらを最大限に魅せる
グラフィックデザインに至るまでを幅広く学び、多彩な表現力と現代的なビジュアルセンスを育みます。
世界へ拡張するクールジャパングラフィックスの発信地として、マンガ表現やコミックアートを積極的に取り入れた新しい時代の
イラストレーションやデザインを学ぶ、次世代のクリエイターを目指すコースです。

将来の主な職業

イラストレーションを武器に、あらゆる
メディアで活躍するクリエイターになる!

  • イラストレーター
  • キャラクターデザイナー
  • グラフィックデザイナー

イラストを学ぶ3年制コース

イラストを学ぶ3年制コース

イラストレーションとデザイン力を身に付け、
スキルを高めて進むべき業界を
幅広く選択することができます。

描写の基礎からグラフィックデザインのフィニッシュワークまで、広い視野で判断できる客観性とセンスを学習。
イラストを活かすためのデザイン、魅力的なイラストを描くために大切なすべての基本をしっかり学びます。
従来は広告などに使われる機会が少なかったコミックアートも今やイラスト表現のメインストリーム。ゲーム業界、広告などにおけるビジュアルとして多用されています。新時代のグラフィックデザインセンスを意識した、新世代のクリエイターを目指します。

アーティスト志向の人は
兼業作家という選択肢も

一般就職

+
創作活動
  1. イベント活動
  2. Web発信
  3. SNSの活用
  4. 実績&人脈

兼業作家として活動、兼業作家からプロへ

そんな時、創作に有利な一般職を選ぶ!

卒業後に専門職ではなく「一般就職」を選び、生活基盤を確保しつつ、創作を趣味として続けたり、あるいはマイペースで専業プロ(イラスト仕事だけで暮らせる収入を得ること)をじっくり無理なく目指す方法もあります。
その際、仕事内容の好き嫌いは重視せず、創作に費やす時間が確保しやすい条件(勤務地、勤務時間、休日、勤務条件など)を優先することがポイントです。働き方や責任において、過度な負担がかからない仕事選びがポイントになります。

考え方、表現の仕方、
「ニチデの学び」でこんなに変わる

構図が悪いため背景の描き込みが甘く、画面全体が間延びしています。キャラを目立たせる構図や配色を考えるともっと良くなります。難しいアングルにチャレンジしていますが、人体のデッサン狂いも調整しましょう。

イラストレーター
服部 純栄先生

[HTさんの作品]

構図が格段によくなり、画面にも奥行きが出てきました。目立たせたいキャラクターがコスチュームの質感を出すことで、よりはっきりとしました。

イラストレーター
服部 純栄先生

イラストデザインコースの特徴

コミックイラスト、キャラクターイラスト世代を意識した新世代のデザインを学ぶコースです。イラスト創作だけでなく、文字やレイアウト、印刷などを念頭にディレクター的視点も重視します。イラストの技量+デザインセンス=表現力の飛躍的向上を目指します。
また、イラストデザインコースとして主に目指す目標はあっても、目指すことのできる職種に制限はありません。卒業後の進路(職種)は、希望する業界に合わせた準備や就職活動で決まります。

イラストが上手くなるためには
何をする?

  1. デッサンやクロッキーなど基礎画力の強化
  2. キャラクターイラスト、コミックイラストのテクニックを学ぶ
  3. パース、背景などの基本描画力の学習
  1. イラストや創作に関わるデザインセンスを磨く
  2. デジタル作画技術の学習(ペンタブレット、液晶タブレット)
  3. CLIP STUDIO、Photoshop、Illustratorなどを使う

在校生の声

専門職以外にもイラストを活かせる道はあると思います専門職以外にもイラストを活かせる道はあると思います

将来の希望職種は、まだはっきりとしたイメージが湧かないのですが、自分の感性や技術を活かして誰かに感謝されるような仕事がしたいです。お店を繁盛させるための新しい提案や商品の魅力を伝えるための技術などで世の役に立ちたいなと思います。将来的にはイベント企画や各種提案ができる立場になりたいです。
このコースを選んだ理由は、午前中心の授業であること、イラストとデザインをバランスよく学び活かせることでした。午後に自由な時間を持てるのはとても良いですね。Webデザインやグラフィックデザイン関連の作業においては少し苦手意識があります。でも最近は担当の先生のおかげもあって「エディトリアルデザイン」の授業が楽しく思えるようになってきました。これからも頑張っていきたいです。IllustratorやPhotoshopをもう少し上手く使えるようになりたいですね。
ニチデの先生はみんな優しくて距離が近くて話しやすい雰囲気です。入学当初は馴染めるか不安もありましたが、友人たちにも恵まれてすぐに仲良くなれました。課題は大変かもしれませんが、やっぱりクリエイティブな授業は楽しいと思います。

卒業生からのメッセージ

2017年度卒
コミックイラストコース
H.Mさん

業種・職種
マツモト印刷株式会社(企画・印刷)
担当するお仕事内容
デザイナー・DTPオペレーター。
学院入学時の動機
好きなことを基礎から学びたかった。学んだ後、それが趣味止まりなのか、仕事にできるのか見極めようとも考えました。
お仕事で大切にしていること
お客様の想像よりも、良いものを作ること。
やりがい、達成感について
自分が提案したものを「これはいい!」ってお客様に喜んでもらった時。
現在の創作活動について
仕事以外、趣味としても創作活動は続けています。定期的にイベントなどに出ることと、仕事を上手く両立したい。
今後の目標
仕事と趣味のいいバランスの両立。目の前の課題をしっかりやり遂げること!

2017年度卒
キャラクターデザインコース
C.Nさん

業種・職種
アイディアファクトリー株式会社(ゲーム企画・制作)
担当するお仕事内容
プランナー。ゲームのイベントや関連するプランニング、運営、スケジュール管理など。
学院入学時の動機
イラストに関わる仕事がしたくて、基礎を幅広く学びたいと思い入学しました。
やりがい、達成感について
監修が通った時や、制作したものがゲームに実装された時は達成感を感じます。
現在の創作活動について
趣味で創作活動をしていますが、同人活動は禁止なのでやってません。
今後の目標
現在は先輩方に支えられていますが、今後は一人で色々なことが出来る様になりたいと思っています。業界にしっかり貢献できるようになりたいです!

2018年度卒
キャラクターデザインコース
Y.Kさん

業種・職種
精文館書店(書籍販売)
担当するお仕事内容
書店の各種業務やPOP作りなど。
学院入学時の動機
イラストを描く仕事を目指して入学。
お仕事で大切にしていること
お客様との話し方、他の従業員さんたちへの接し方、礼儀も大切です。
やりがい、達成感について
来客対応した後に「ありがとう」と感謝を伝えられた時はやっぱり嬉しいです。
現在の創作活動について
個人的な創作活動を続けています。
今後の目標
今は書店で働きながらの兼業ですが、将来はフリーランスのイラストレーターとして、本業に没頭することが目標です。

※イラストデザインコースは2019年新設のため卒業生不在。 参考までにイラスト系他コース卒業生のアンケートを掲載しています。

イラストもデザインも基礎力を重視

描写の基礎からグラフィックデザインのフィニッシュワークまで、広い視野で判断できる客観性とセンスを学びます。イラストは文字や情報とセットになって使われます。イラストを活かすためのデザイン、魅力的なイラストを描くために大切なことすべての基本をしっかり学びます。

魅力あるイラストが描ける表現力を養成

従来は広告などに使われる機会が少なかったコミックアートも今やイラスト表現のメインストリーム。広告宣伝やエンターテイメントにおけるビジュアルとして多用されています。それを活かす新時代のグラフィックデザインセンスを意識した、新時代のクリエイターを目指します。

デジタルを使いこなすクリエイターを育成

Web、モバイル、IT系のデザインなど、今後ますます大きく広がるデジタル分野。これからの社会で活躍するクリエイターにとって重要なデジタル表現スキルの基本から応用までを学び、デジタルやIT分野に対応できるビジュアルクリエイター、イラストレーターを目指します。

よくあるご質問にお答えします!Q&A

イラストに興味はあるけれど、仕事のことや
自分には何が向いているのかよくわかりません。
3年間の在学中にやりたい職種や適性を見つけましょう!
案外、そういう人は多いです。ニチデの「キャリアデザイン」授業の中で自己分析や将来を考える機会もありますから、在学中に真剣に考えてみましょう。
また、先生たちからの業界情報、企業からの求人、学院内外での企業説明会などもあるので、具体的な卒業後のビジョンを見つけましょう。新卒者は「自分に向いている職業」という不確かなものを求めるよりも、自分がやりたいこと、頑張れることを中心にこれからチャレンジしていく気持ちが大切です。
フリーランスのイラストレーターを目指しています。
卒業後、いきなりフリーになる進路はおすすめしません。
卒業後、収入や生活基盤も無いまま、いきなりフリーランスになることはおすすめしません。仕事の実績(実力)や社会経験が無いと信用や営業力、仕事に繋がる人脈も乏しくなりますし、精神的にも不安を抱えることが多くなるでしょう。
イラストの上手さだけでなく、人間的な経験と成長、周到な準備を経てフリーランスの基盤を築くことが大切。フリーランスになるまでの過程で、ゲーム会社やデザイン事務所などで研鑽を積み、経験や人脈、信用を得るというプランであれば、CDコースやこのILコースは適しています。負担の少ない一般就職で生活基盤を作り、一方で自由な投稿や創作活動を展開する方法(兼業作家志向)であれば、ニチマのコミックイラストコースがベターかもしれません。
パソコンや専用ソフト、ペンタブレットなどを
使った経験がありません。大丈夫でしょうか?
問題ありません。大丈夫です!
未経験の人も少なくありません。なので授業では、使い方を含めて基本的なことから学びますので安心してください。先生が丁寧に教えてくれますし、わからないことは質問しましょう。何事も繰り返し練習すれば、必ず身に付きます。
基本的なことを理解した後は、知らないこと、できないことを研究し、身を持って経験することでしっかり覚えていくことが重要になります。
イラストデザインコースも含めて
その他のイラスト系コース選択で迷ってます……
今、自分のやりたいことに最も近いコースを選びましょう。
例えば、ニチデのキャラクターデザインコース、ニチマにはコミックイラストコースがあります。イラストレーター、ゲームクリエイター、グラフィックデザイナー、アニメーター、絵本作家など…兼業作家を含めて卒業後の進路選択は様々。ただし、コースごとに目指す職種はあっても、「目指すことのできる職種」に制限はありません(過去実績あり)。進路は所属コースで決定されてしまうのではなく、行きたい業界に合わせた就職活動で決まります。なので今、自分のやりたいことやイメージに近いコースを選べば問題ありません。学ぶ期間(2年制・3年制)や学費面から考えることもできます。

自分が「一番好きなこと」と
「一番頑張れること」を育てるコース

業界へ多彩な才能を排出し続けるニチデ・ニチマ

コミック系のイラストに
興味のあるアナタへ

メディアアート学科 コミックイラストコース(2年制)

PICK UP CONTENT