キャラクターデザインコース

スクロール

  • キャラクターデザイン

  • 3DCG

  • デッサン実習

  • アニメーション実習

  • キャラクターイラスト

  • ゲーム映像制作

  • 背景実習

  • リアルイラスト

ゲームのグラフィック制作などで
活躍するキャラクターデザイナー、
クリエイターを育成

3年制コースも加わったキャラクターデザインコースは、キャラクター、コスチューム、各種アイテム、それらの活躍の舞台となる
背景やUIなどの企画や創作を通して画力の向上を図り、キャラクターデザイナーや2Dデザイナーを目指すコースです。
人体デッサンやクロッキー、基礎描写強化から、ペンタブを用いたCGイラスト描画、映像企画や編集、3DCG経験など、
幅広く学ぶことで、ゲーム・アニメ・映像の分野において活躍できるスキルを養います。

将来の主な職業

さまざまな分野のクリエイター
として
活躍できる!

  • キャラクターデザイナー
  • ゲームプランナー
  • イラストレーター
  • アニメーター

2年課程コースに加え、
キャラクターデザイン
3年課程コースがスタート

2年制コースに加え、キャラクターデザイン3年制コースがスタート

自分のプランにマッチした学習ライフを
選択することができます。

2年課程と3年課程のコース。3年課程は原則的に午前中心の授業。午後の時間はアルバイトで学費の負担を減らしたり、課題や自主制作、スキルアップなど、自分の生活スタイルや学習スタイルに合わせて、3年間を計画的に活用してじっくりと学べます。就職活動の準備やインターンシップに注力するという選択肢も良いでしょう。
いずれの課程もゲームに関するビジュアル表現の基礎を学びつつ、デッサン、クロッキー、人体描写などを継続してスキルを積み重ねます。さまざまな役割、仕事でも順応できるクリエイターのための基礎力重視のカリキュラムで、制作現場においての応用力や対応力を発揮できる人材育成が目的です。

アーティスト志向の人は
兼業作家という選択肢も

一般就職

+
創作活動
  1. イベント活動
  2. Web発信
  3. SNSの活用
  4. 実績&人脈

兼業作家として活動、兼業作家からプロへ

そんな時、創作に有利な一般職を選ぶ!

卒業後に専門職ではなく「一般就職」を選び、生活基盤を確保しつつ、創作を趣味として続けたり、あるいはマイペースで専業プロ(イラスト仕事だけで暮らせる収入を得ること)をじっくり無理なく目指す方法もあります。
その際、仕事内容の好き嫌いは重視せず、創作に費やす時間が確保しやすい条件(勤務地、勤務時間、休日、勤務条件など)を優先することがポイントです。働き方や責任において、過度な負担がかからない仕事選びがポイントになります。

考え方、表現の仕方、
「ニチデの学び」でこんなに変わる

コスチュームやアイテム、表情などに工夫があるとキャラクターの魅力が伝わると思います。

イラストレーター
小副川 智也先生

[STさんの作品]

鎧に金属の質感も出て重厚感が生まれました。表情のバリエーションを描きわけキャラの魅力がより伝わるようになりました。

イラストレーター
小副川 智也先生

キャラクターデザインコースの特徴

キャラクターイラスト&デザインが最も脚光をあびるのが「ゲーム業界」

コミックイラスト、キャラクターデザインが最も活躍するゲーム業界で必要とされるスキルを中心に学ぶコースです。
イラスト創作以外にも、3DCGの基本、ゲームプランニング、UIデザインなどを学びます。
キャラクターデザインコースの強みは、ゲームクリエイターやアニメーションにも対応したクリエイターを目指すためのカリキュラム。
就職活動のためのポートフォリオなど、業界就職対策にも注力しています。

キャラクターデザインコースとして主に目指す目標はあっても、目指すことのできる職種に制限はありません。
卒業後の進路(職種)は、希望する業界に合わせた準備や就職活動で決まります。

現場を想定した多角的な
カリキュラムでキャラクター
デザイナーの基礎を作ります

  1. グラフィックデザイン
  2. アニメーション実習
  3. ポートフォリオ実習
  4. デッサン実習
  5. 基礎表現
  6. UIデザイン
  7. 色彩理論
  8. PC基礎
  9. CG着彩
  10. CGイラスト
  11. 3DCG実習
  12. ゲーム映像制作実習
  13. キャラクターイラスト
  14. キャラクターデザイン
  15. ゲーム企画
  16. モノクロ作画実習
  17. 着彩実習
  18. その他…

在校生の声

どの授業も面白くてとても興味深いので甲乙つけがたいですどの授業も面白くてとても興味深いので甲乙つけがたいです

私の目標はゲーム会社へ2Dデザイナーとして就職することです。絵を描くことが好きでゲームが好きなので、ゲーム会社で絵を描く仕事がしたい!というのは自然な流れでした。将来的には開発に関わったゲームのクレジットに制作チームの一人として自分の名が記されることをイメージしています。有難いことに就活の末、ゲーム会社の内定をいただいたので順調に頑張れば、この目標は何とか叶えられそうです!
ニチデを選んだのは、入学当時に行きたいと思っていた会社にニチデの先輩が入社した実績から。あと、やっぱり学校の雰囲気が自分にマッチすると体験入学や体験授業で感じたからですね。
授業の「ゲーム業界ゼミ」では、プロの先生からゲーム業界の様々なことが聞け、とても参考になりました。学校ではゲームやイラスト、創作に関する視野が広がり、いろいろな角度でものを考えられるようになったことが収穫です。
自分は何がしたいのか目標を明確にすることが大事。そこへ向かって努力し、やるべきことをすれば、先生たちもサポートしてくれます。クラスメイトや先生たちの意見に耳を傾けることも大切ですね。

キャラクターデザインの基礎を徹底指導

立体の捉え方、陰影の特徴などの基礎知識を学びつつ、デッサン、クロッキー、人体描写などを継続して積み重ねます。さまざまな仕事でも対応できるクリエイターのための基礎力重視のカリキュラムで、制作現場においての対応力と応用力を発揮できる人材育成が目的です。

魅力的なキャラクターを生む表現力を育成

Web、モバイル、IT系のデザインなど、今後ますます大きく広がるデジタル分野。これからの社会で活躍するデザイナーにとって重要なデジタル表現スキルの基本から応用までを学び、デジタルやIT分野に対応できるキャラクターデザイナー、クリエイターを目指します。

幅広い分野で活躍可能なスキルを修得

さまざまな分野で活躍するプロのクリエイターが講師を務める専門授業で、魅力的なキャラクターを生み出すための豊かな発想力を養います。広告デザイン、パッケージデザインなどのほか、アニメやゲーム、マンガなどあらゆるメディアに可能性は広がります。

卒業生からのメッセージ

株式会社ハイド
2Dデザイナー
S.A

入学時の目的は?
イラストが好きで、仕事にしたいと思いました。具体的には2Dデザイナーとしてゲーム業界に就職したいと考えて就活をしました。
会社での主な仕事内容は?
ゲーム関係の2Dイラストやデザイン作成です。想像以上に多くのジャンルのゲームに関わるので総合的な知識や能力が必要だなと思いました。
仕事をする上で
大切にしていることはありますか?
仕事としての責任と商品としてのクオリティが求められます。限りある時間でどれだけクオリティの高いものを作るか、どうしたら作業効率が上がるかを考えています。どんな仕事も一人だけでは完結しない共同制作なので、技量的にも時間的にもチームの足を引っ張ってはいけないというプレッシャーは感じます。
技術面においてまだまだ力不足なので、仕事の時間外でも自ら練習し、視野を広げて何からでも学ぶという意識を持つようにしています。特に好きなこととか、得意な分野は「強み」にしたいですね。
個人的に旅行が好きなのですが、旅先で見たものや触れたものを資料的な意味で写真に撮っておくとか、パンフを貰っておくとかも大事かなと思います。
仕事でやりがいや達成感を感じるのは?
上司が私の仕事を褒めてくださったり、発売した作品のスタッフロールに自分の名前が載っていることを確認した時は嬉しいですし気分が高まります!
現在、創作活動をしていますか?
SNSを中心に趣味で創作活動をしています。もちろん仕事に差し障りのない範囲で。仕事は発売前のゲーム制作に関わることなので守秘義務はもちろん、プロとしての自覚と責任を持たないとダメですね。
今の目標などがあれば教えてください
色々なツールを扱える様になること。他には仕事の性質上、他の方のテイストに合わせて描いたり制作することが多いので、いずれは自分の絵柄で任されるくらいのプロジェクトをしてみたいです。在学中に学んだAdobe Illustratorのスキルはすごく役立ってます。在学中は正直、あまりピンとこなかったツールですが、社会に出てその価値を実感しましたね(笑)
後輩(在学生)へ向けて何かアドバイスを
いずれ自分の作品ポートフォリオを作ると思うのですが、制作時間をよく聞かれましたので、ちゃんとお答えできる様、具体的に把握しておくこと。もっと言えば、目標時間を設定してそれに沿って描く習慣を持つとベストです。ポートフォリオや作品に対して他者の意見に耳を傾けることも大事。稀に矛盾を感じる意見もあるでしょうが、正解はひとつじゃない分野ですし、最後は自分自身で取捨選択して判断すればいいと思います。
イラストを描く練習としては、キャラを作るときに「この人が好きなキャラを狙って作ろう」とか、求められているものを反映させて創作する練習がいいと思います。自分好みのものばかり描くのではなく、依頼されたことに応えられるスキルやユーザーからの視点は大切ですよね。
イラストを学びたいと思う人たちへメッセージをお願いします
まだまだ経験が浅いので大層なことは言えませんが…自分もそうでしたけれど、イラストを描くことが大好きな人たちは「それを仕事にすること」を夢見たことがあるはずです。もしそうであれば簡単に諦めずに是非、実現して欲しいです!

よくあるご質問にお答えします!Q&A

ゲームはやりませんが、仕事としては興味があります。キャラクターデザインコースでもいいでしょうか?
大丈夫です。必要な知識はこれから学びましょう。
ゲーム会社の仕事で必要な知識や基礎技術は入学してから学べば大丈夫。クラスメイトからの影響でゲームの知識を広げる人もいます。ゲーム会社への就職を考えるなら、ある程度、知っておいた方が役に立つでしょう。
キャラクターデザインコースの2年課程、3年課程の違いは何ですか?
学ぶ目的、内容に違いはありません。
学ぶ内容と目的に大きな違いはありません。
3年制は午前中心のカリキュラムなので、時間的な余裕、創作時間の猶予を持てることが特徴でありメリット。2年制は社会に出るまでの期間短縮や学費の総額を少なくするメリットがあります。自分のスタイル、事情に合わせて選択できます。
3年制の最終年度は、より個別の選択をしつつ、就活や創作に注力できます。
卒業後は必ず業界へ進めますか?
業界への扉は確実に開かれています!
特定の企業、業界へ無審査で入社させる様な斡旋システムは存在しません。これはどこの大学や専門学校も同じ。また、それを良しとする企業もありません。就職活動は他者が代行できない活動。自分自身の決断・行動で試験、面接に挑みますから、やる気と勇気も必要です。
それでも学院がサポートできることはいろいろありますから、利用できる環境をフルに活かして頑張りましょう。
人見知りなので不安があります。クラスの雰囲気はどんな感じですか?
趣味趣向が近いので打ち解けやすい環境です。
イラストや創作の話、好きなゲーム、キャラクターの話題などから共感できることも多く、クラスの人間関係は男女を問わず良好です。同じ目標や趣味趣向が近い人たちがクラスメイトになるので、必然的に親しくなりやすい環境があるといえます。
同時に専門学校は、それぞれの自己目標と課題に取り組む場所でもあるので、周囲に同調するだけでなく、個の確立を目指して自立心と克己心を育みながらしっかり学ぶことが大切です。

自分が「一番好きなこと」と
「一番頑張れること」を育てるコース。

PICK UP CONTENT