映像デザインコース

スクロール

  • フォトグラフ撮影実習

  • 情報発信デザイン実習

  • ドローン撮影実習

  • 野外撮影実習

  • アクションカム実習

  • 映像撮影実習

  • 映像・動画編集

  • SNS・WEBデザイン

写真・動画・デザインを総合的に学び
社会やビジネスの現場で活躍できる映像クリエイターを育成

進化した映像機器とYouTubeやSNSなど、ネットメディアやITの発達が映像表現の活躍の場を劇的に拡大させました。
従来の映像制作専門職のみならず、より幅広いステージで活躍できる新時代の映像クリエイターを目指します。
写真撮影、動画撮影、映像編集の基本的なスキルを習得し、伝えるためのデザイン力を身に付け、
確かな技術とレスポンスで社会やビジネスの現場で活躍できる人材を育成します。

将来の主な職業

写真撮影や動画制作、編集スキルとセンスを
ビジネスの現場で活用します!

  • 映像作家
  • フォトグラファー
  • ドローンパイロット(撮影)
  • 広報・PR(動画発信)
  • インフルエンサー

映像デザインコースの特徴

  1. 写真撮影、動画撮影、映像編集のスキルを基礎から習得
  2. 情報を伝えるためのデザインについても学ぶ
  3. ドローン、アクションカムなど多彩なツールを使いこなす
校外撮影授業が好きでそれを創意工夫しながら編集するのが楽しい!校外撮影授業が好きでそれを創意工夫しながら編集するのが楽しい!

在校生の声

中学生の頃から写真や動画を撮るのが好きでした。思い出深いのは、父の誕生日に「お祝いムービー」を作成したらすごく喜ばれ、誰かを喜ばせる醍醐味と快感を知ってしまったこと。学校では写真や映像を毎日、学べるので充実しています。個性的な先生が、毎日楽しく授業してくださって、新しい知識が増え続けていきます。日々、成長できます。
外出して撮影する授業が好きです。工夫して撮影し、後に考え抜いて編集するのが楽しいです。目指すは映像編集のプロかカメラマン。映像編集の世界で仕事をして多くの人を喜ばせ楽しませたいですね。学生時代に大切なことは、受け身の姿勢ではなく、何事も積極的に聞く、早く取り組む行動力だと思います。社会でも同じことかもしれませんね。

社会やビジネスで求められる映像表現の力

従来の映像制作専門職という職業枠もありますが、これからの社会やビジネスに期待されるのは、映像の持つ説得力と発信力。例えばユーザーが情報収集する場合「ネット検索」が一般的になり、リンクされたYouTube動画などへの商品サポートや評価レポートを参照することが多くなっています。そのため、一般企業や販売店などにおいても映像・動画制作のスキルと発信力を備えた人材のニーズがより高まっています。その発展形として広告収入などを可能にするYouTuberやインフルエンサーなど、フリーランスでの活躍を目指すという選択肢もあります。

ビジネスで求められる映像の表現力と発信力を
併せ持つ新時代のクリエイターのスキルを学びます

デザイン・写真・動画

希望進路にあわせた専攻選択の流れ

専攻の選択はありますが、3年間通して学び、経験していくベーシックなカリキュラムや研修を実施していきます。

進化した機材や環境により
クリエイティブがもっと自由に

個人でも所有しやすくなった高性能な機材、ネット環境の飛躍的な進歩は、単に便利なだけでなく、創作できる幅と情報発信の自由さを獲得しました。パソコンによる編集も含めて、アイデア次第では様々なことが実現できます。

映像×デザインで、伝える力が未来を創る
社会でもっとも必要とされる映像クリエイターを目指しませんか

PICK UP CONTENT