映像デザインコース

スクロール

  • フォトグラフ撮影実習

  • 情報発信デザイン実習

  • ドローン撮影実習

  • 野外撮影実習

  • アクションカム実習

  • 映像撮影実習

  • 映像・動画編集

  • SNS・WEBデザイン

写真・動画・デザインを総合的に学び
社会やビジネスの現場で活躍できる映像クリエイターを育成

進化した映像機器とYouTubeやSNSなど、ネットメディアやITの発達が映像表現の活躍の場を劇的に拡大させました。
従来の映像制作専門職のみならず、より幅広いステージで活躍できる新時代の映像クリエイターを目指します。
写真撮影、動画撮影、映像編集の基本的なスキルを習得し、伝えるためのデザイン力を身に付け、
確かな技術とレスポンスで社会やビジネスの現場で活躍できる人材を育成します。

将来の主な職業

写真撮影や動画制作、編集スキルとセンスを
ビジネスの現場で活用します!

  • 映像作家
  • フォトグラファー
  • ドローンパイロット(撮影)
  • 広報・PR(動画発信)
  • インフルエンサー
クリエイティブ業界で活かす!

映像クリエイターは、放送業界や映像制作スタジオのスタッフ、フォトグラファーであれば、写真館、ホテル、結婚式場、商業写真スタジオ、新聞社、出版社のカメラマンなど多種多様な職場があります。一般の仕事をしながら、広告収入などを可能にするYouTuberやインフルエンサーを目指すという選択肢もあります。

一般企業で活かす!

自社商品を説明、PRするには映像(動画や写真)が効果的でベスト。最近ではユーザーが情報収集する場合、「ネット検索」が一般的になり、リンクされたYouTube動画などへの商品サポートや評価レポートを参照することが多くなっています。そのため、一般企業、販売店などにおいても映像・動画制作のスキルを備えた人材のニーズが高まっています。

映像デザインコースが活躍できる
仕事の幅広い!

Photo & Video DESIGN
×
フォトグラファー

広告、報道、ブライダルなど、お客のニーズに合わせた写真、映像を撮影。会社、スタジオ、写真館などに務めるケースやフリーランスで仕事を請け負うケースもあります。
勤務・会社員
フリーランス

Photo & Video DESIGN
×
映像作家

CM、放送番組、映画やアニメ、MVなどあらゆる映像制作・編集に関わる仕事です。制作会社などに務めるケースや自立したフリーランスで活動するケースもあります。
勤務・会社員
フリーランス

Photo & Video DESIGN
×
ドローンパイロット(撮影)

ドローンによる屋外空撮や屋内空撮の需要は今後も高まるばかり。大型のものから室内撮影で威力を発揮する軽ドローンまで、様々な空撮需要が見込まれる分野です。
勤務・会社員
フリーランス

Photo & Video DESIGN
×
広報・PR

コストの高いTVCMや雑誌広告などに頼らない広報やPRの主戦場がSNSやYouTubeにシフト。購買意思決定に多大な影響を与えるのは説得力のある映像の力です。
勤務・会社員

Photo & Video DESIGN
×
販促・営業

自社商品やサービスを最もリアルにわかりやすく伝え、特徴や長所を明確に表現できるのは映像です。販売や営業に関わる人間自身が解説動画を制作する時代です。
勤務・会社員

Photo & Video DESIGN
×
インフルエンサー

YouTuberも映像表現を駆使するインフルエンサー。定期的に発信する内容は、多くのフォロワーに対する影響力があり、プロアマを問わず様々な商業的アプローチが可能。
フリーランス

映像デザインコースの特徴

  1. 写真撮影、動画撮影、映像編集のスキルを基礎から習得
  2. 情報を伝えるためのデザインについても学ぶ
  3. ドローン、アクションカムなど多彩なツールを使いこなす
校外撮影授業が好きでそれを創意工夫しながら編集するのが楽しい!校外撮影授業が好きでそれを創意工夫しながら編集するのが楽しい!

在校生の声

中学生の頃から写真や動画を撮るのが好きでした。思い出深いのは、父の誕生日に「お祝いムービー」を作成したらすごく喜ばれ、誰かを喜ばせる醍醐味と快感を知ってしまったこと。学校では写真や映像を毎日、学べるので充実しています。個性的な先生が、毎日楽しく授業してくださって、新しい知識が増え続けていきます。日々、成長できます。
外出して撮影する授業が好きです。工夫して撮影し、後に考え抜いて編集するのが楽しいです。目指すは映像編集のプロかカメラマン。映像編集の世界で仕事をして多くの人を喜ばせ楽しませたいですね。学生時代に大切なことは、受け身の姿勢ではなく、何事も積極的に聞く、早く取り組む行動力だと思います。社会でも同じことかもしれませんね。

よくあるご質問にお答えします 映像デザインコースQ&A

撮影の経験やデザインの知識がなくても大丈夫?
ここからスタート。これまでの知識や経験、実績は問いません!
基本を中心に実践的な能力と将来の可能性を広げる授業を実施。今できることから始めて表現の幅や技術を広げ、自分のやりたいことや個性を伸ばし、自分の不得手を克服していくことを目指します。3年間で段階的に学ぶカリキュラムは、2年制に比べてもう一年多く試行錯誤や作品作り、進路選びの猶予があります。そのメリットを最大限に活かして学べます。
まだ具体的にやりたいことが決まってないのですが…
3年間の在学中にやりたい仕事や価値観を見つけましょう!
確かな技術で写真や映像を撮影。的確なデジタル編集が可能。動画を制作して日常的に発信する能力がある。特殊な撮影方法やユニークな映像のための手段を知っている……など。このコースで学び経験したことは、さまざまな仕事先や将来のビジョンで活かせます。ぜひ興味のある職種を見つけましょう。また自分の趣味や大好きなことを映像で発信できるスキルは人生を豊かにする自己表現です。
どのような能力が身につくコースですか?
映像制作スキルを身につけて映像表現者へと成長します!
必要最低限の技術と機材からスタートし、とにかく映像表現すること、発信する楽しさと重要性を学びます。伝えたいことは何か、どうすればわかりやすいだろうか?などの基本と、そのための技術である「デザイン」を総合的に学びます。
フォトグラファー志望なんですけど大丈夫?
新設コースですが、伝統ある「写真科」のDNAが息づいています!
学院創立以来ずっと写真を学ぶコースを設置しており、撮影スタジオをはじめ写真撮影に必要な機材や環境があります。ベーシックな基礎能力としてスチール写真の技術や撮影も経験する中で、2年次には写真撮影をメインにする専攻を選ぶこともできます。写真撮影を仕事とする写真館、写真スタジオなどの就職先や求人もありますので、カメラマン、フォトグラファー志望者も安心して学べます。
将来的にはフリーランスで活躍したいのですが…
映像を必要とする仕事は将来性豊か。自立した存在を目指そう!
映像デザインコースにおいて重視したいのは、スマートフォンをはじめ、ポータブルな機材やテクニックであっても旅先や取材先、自宅など、時と場所を選ばす多彩なコンテンツを素早く伝えることができる技術と気持ちを養うことです。フリーランスの世界でも自分の知見、コミュニケーション能力を武器に活躍ができる存在を目指しましょう。

社会やビジネスで求められる映像表現の力

従来の映像制作専門職という職業枠もありますが、これからの社会やビジネスに期待されるのは、映像の持つ説得力と発信力。例えばユーザーが情報収集する場合「ネット検索」が一般的になり、リンクされたYouTube動画などへの商品サポートや評価レポートを参照することが多くなっています。そのため、一般企業や販売店などにおいても映像・動画制作のスキルと発信力を備えた人材のニーズがより高まっています。その発展形として広告収入などを可能にするYouTuberやインフルエンサーなど、フリーランスでの活躍を目指すという選択肢もあります。

ビジネスで求められる映像の表現力と発信力を
併せ持つ新時代のクリエイターのスキルを学びます

デザイン・写真・動画

学べる技術・分野

撮影(静止画・動画)の基礎から編集・デザインの実践、公開発表まで

フォトグラフ撮影実習

物を撮る、人物を撮る、特殊な撮影をおこなうなど、写真の基礎知識を学び、スタジオでの撮影からライティング、画像データの取り扱いなど現場での実践的なワークフローをベースにして学びます。

映像撮影実習

スマホカメラによる手軽な動画撮影から定番の撮影方法まで実習をおこないます。様々なアイデアを駆使してクオリティー高いコンテンツを制作するためのテクニックやコツなどを実践的に学びます。

野外撮影実習

ロケーションをはじめとする野外でおこなう撮影について学ぶために、実習に出かけます。野外でのライティング技法や音声(録音)への対処、アート的な撮影技術から失敗しない撮影技術まで経験的に幅広く学びます。

グラフィックデザイン

映像編集において文字を扱ったり色彩を考えたりする際、デザインの基本や最適なグラフィックを構成するセンスを養いながら、さらにそれを具体化するための手法・考え方などを学びます。

映像・動画編集

写真データを加工、編集する技術、動画においては、文字(テロップ)、音声、BGMを加えたり、テンポのいい編集や画像処理などを学びます。センスのあるアート表現から一般的で伝わりやすい動画技術まで幅広く対応します。

情報発信デザイン実習

媒体に応じての規格や基準、技術的な要点などを学びます。テレビ放送やDVDコンテンツ、IT向けコンテンツ、YouTubeなど、実際に体験することで、情報を発信・公開する方法や意味、倫理や法規制なども学びます。

SNS・WEBデザイン

映像や動画を発信するメインストリームとして、基本的なWEBデザインやSNS活用法を学びます。著作権などを含めた法規制や適切な倫理観なども育み、クリエイター&発信者としての必要な技術と心構えを学びます。

プレゼンテーション実習

コミュニケーションの基本や技術を学び、実際に様々な発表機会や経験を重ねることでプレゼンテーション能力を高め、映像表現においても役に立つスキルを育んでいきます。

アクションカム実習

GoProに代表されるアクションカムは小型でありながら多様な撮影環境に対応します。便利で多彩なオプションツールを使いこなすことで、動きのある映像を効率的に撮影する手段などを学びます。

ドローン撮影実習

建設現場で使う様な比較的大型のドローンから、室内を軽快に飛ぶマイクロドローンに至るまで多種多様なものがあります。ドローンによる空撮や操作を体験し、その基本や感覚を知ることで、様々な業務に活かす準備をします。

希望進路にあわせた専攻選択の流れ

専攻の選択はありますが、3年間通して学び、経験していくベーシックなカリキュラムや研修を実施していきます。

進化した機材や環境により
クリエイティブがもっと自由に

個人でも所有しやすくなった高性能な機材、ネット環境の飛躍的な進歩は、単に便利なだけでなく、創作できる幅と情報発信の自由さを獲得しました。パソコンによる編集も含めて、アイデア次第では様々なことが実現できます。

映像×デザインで、伝える力が未来を創る
社会でもっとも必要とされる映像クリエイターを目指しませんか

PICK UP CONTENT