アートデザインコース

スクロール

  • デッサン/基礎描写

  • 色彩理論/実習

  • 立体イラスト

  • イラストレーション

  • 絵本創作

  • キャラクターイラスト

  • PC実習/CGイラスト

  • 雑貨デザイン

アート&デザインを総合的に学ぶことで社会やビジネスの現場で
活躍できる
ハイセンスなクリエイターを育成

アート(美術)を自己表現のみならず、社会やビジネスの現場で幅広く活かせる、
ビジュアル・コミュニケーション能力として学びます。
さまざまな手法のイラストレーションやアート、雑貨デザイン、デジタル技術などを学び、幅広い分野の理解力と感性を習得。
一般の人々に広く伝わるセンスの良い表現力、企画力を育み、社会に貢献します。
アートディレクションから絵本作家に至るまで多様なステージで活躍できる才能を育成するコースです。

将来の主な職業

アートとデザインはビジュアル
コミュニケーションツールになる!

  • アートディレクター
  • イラストレーター・絵本作家
  • グッズデザイナー/クリエイター
  • ディスプレイデザイナー

アートデザインは就職の幅が広い!!

社会で、ビジネスの現場で、活躍する
これからのクリエイター。

一般企業からも求められているデザイン系のスキル。今求められている人気職種の一部をご紹介!

Art & Design
×
広報・PR

会社の事業戦略にもとづき企業・商品・サービス等様々な情報を発信する仕事。企画・デザイン力でより多くの生活者に響く発信が可能に。

Art & Design
×
絵本作家

スト―リーを考え、画を描き、絵本を制作する仕事。アイデアを洗練するスキルが、新たな物語の始まりに。

Art & Design
×
企業・商品ブランディング

「名称」・「ロゴマーク」・「デザイン」などからブランドのイメージを構築し、商品・サービスや、企業の価値を向上するためのブランディング活動を行う。

Art & Design
×
雑貨デザイナー

インテリア雑貨、キッチン雑貨等の雑貨全般をデザインする仕事。アートセンスが、流行をアイデアに落とし込む力として活かされる。

Art & Design
×
グラフィックデザイナー

宣伝・告知などに関する主に平面のアイテムをデザインする仕事。メディアが多様化する現在、デザイン思考による多角的なアプローチ法が強みに。

Art & Design
×
パッケージデザイナー

商品の内容をわかりやすく伝え、購買意欲を高めるパッケージをデザインする仕事。会社や商品のイメージも考えてカタチにする思考力が輝く。

Art & Design
×
Webデザイナー

Webサイト全体を構築する仕事。アートデザイン思考から得たデザインおよびディレクション能力が活かされる。

Art & Design
×
イラストレーター

顧客のニーズに合ったイラストを描く仕事。画力だけに留まらない、多彩な要望に応えるための発想力や独自のスタイルを編み出す力が活きる。

Art & Design
×
ブックデザイナー

本・書籍等の表紙やカバー・帯等のデザインをする仕事。多彩な発想力から、本の内容に最適なデザインを。

Art & Design
×
ジュエリーデザイナー

指輪やネックレス等の貴金属装身具をデザインする仕事。デザイン提案力とモノづくりへの探求心が活きる。

Art & Design
×
アートディレクター

プロジェクト全体のビジュアル面を総合的にプロデュースする仕事。ビジュアル全体を総括する複合的なデザインスキルが求められる。

考え方、表現の仕方、
「ニチデの学び」でこんなに変わる

猫の毛一本一本まで丁寧に描き込まれています。
少し平面的で表情にもどこか工夫が欲しいところです。

グラフィックデザイナー
新家 春二先生

[SYさんの作品]

猫の表情もリアルに再現されユーモアもあります。
色数が減ったのにも関わらず綿密に描写されているので、作品に立体感が生まれました。

グラフィックデザイナー
新家 春二先生

アートデザインコースの特徴

  1. 画材や素材の知識、デッサンなど基礎描写をしっかり指導
  2. グラフィック、イラスト、造形、写真表現などを統合的に学ぶ
  3. 社会のあらゆる課題に対応できる、幅広い表現力を習得
作ったものが人の助けになり、喜ばれるものであって欲しいです作ったものが人の助けになり、喜ばれるものであって欲しいです

在校生の声

おしゃれな家具を見たり、そのコーディネイトを考えるのが大好きです。Francfrancのおしゃれな雑貨に憧れたことがきっかけでインテリア雑貨やデザインに興味を持ち、もっと詳しくなりたいと思いました。将来的にはインテリア雑貨に関わる仕事に就いて楽しく働きたいと考えています。
父も勧めてくれた学院への入学ですが、コース選びは少し迷いました。最終的にはアートデザインコースで多岐にわたるアートやデザインを勉強しながらじっくり進路を考えることに決めました。
「雑貨デザイン」や「イラストレーション」の授業が好きです。絵を描くことは好きなので、趣味でもずっと続けていきたいです。デザイン業界で活動する先生たちには日々様々なことを教えて貰えますし、優しくて趣味の合うクラスメイトと出会えたことはこのコースに入って良かったと思うことです。授業課題はもっと計画的に進めていかないと後々困るので今後はしっかり頑張ります。自分のMacBook
Proをもっと使いこなしたいですし、色彩センスも磨きたいし、個性的で自分らしい絵柄を作り上げたいと思ってます。

1.BASIC

1.BASIC

「絵」を基礎から学ぶ
多様な画材や素材、手法についての知識習得、デッサンやクロッキーなどの基礎からはじめ、絵の描き方を段階的に理解しながら学びます。自分の考えや思いを人に伝えるために必要となる描画力を磨き、クリエイティブの基礎を養います。
発想から発表までのプロセスを実践
コンセプト・プレゼン計画の立て方や、ヒアリング・リサーチ手法など、創作のプロセスを指導します。方向性・コンセプトを固めた上で創作を始め、たくさんのアイデアを出し、最終的に磨き上げたデザインを完成させる、「アートデザイン思考」を養成します。

2.CREATIVE

2.CREATIVE

最適なアウトプットのためのデジタルスキルを習得
着彩やCG加工といったデザインに必要な技術だけでなく、プレゼンテーション・コミュニケーションツールとして、パソコンの基礎から応用までを指導。デザインをビジネスの現場できちんと伝えるための実践的なスキルの育成を行います。
様々なジャンルに触れ統合的なデザインを学ぶ
グラフィックデザイン、雑貨デザイン、イラストレーションを基礎から修得。描写、色彩などの演習から、造形技法・Web・写真映像など、アイデアを具体化するスキルを身に付けるとともに、すべての領域をひとつのデザインと捉え、社会に即した課題を通じて、『統合的なデザイン』を学びます。

3.FLEXIBLE

3.FLEXIBLE

経験を積み重ねる『3年制・午前授業』
技術の詰め込みや、表面的な成果だけを求めるのではなく、自分自身で考え、創るための3年間。授業時間は『午前』を中心に設定しているため、授業のない午後は、創作活動やインターンシップ、アルバイトに励むなど様々な経験ができます。
デザイン業界に偏らない幅広い就職先
アートデザインコースで養う「描く力」「考える力」「コミュニケーションする力」は、企画立案、プレゼンテーション、マーケティング、広報、イベント遂行など多くのビジネスの場に必要とされており、美術・デザイン業界だけでなく、あらゆる企業・業界に活躍の場が広がります。

よくあるご質問にお答えします!Q&A

まだやりたいことが定まっていないのですが…
在学中に様々な価値観に触れてください。
将来の職種を限定しないで自分の可能性を模索したい人にも向いているコースです。将来を考えた時、何となくデザイン関係に興味はあるけれど具体的にはわからない…絵を描くのが好きだけど流行りのイラストとはちょっと違うかも…高校の美術部でやってきたことを仕事に活かせないかな…など。ニチデの中で最も幅広いアートやデザイン(雑貨や工芸など)に触れる機会があるコースであり、それをビジネスや社会で活かすことを考えるコースです。
将来、フリーランスの作家として活動したいです。
プロのクリエイターが多様なアドバイスをします。
指導にあたる講師は現役のクリエイター。イラストレーター、雑貨デザイナー、工業系デザイナーなど、様々な経歴や経験を持った人たちが技術や作品制作はもちろん、プロとしての心構えから活動方法などを教えてくれます。どういう職種や仕事があるのか、工芸や陶芸、雑貨やショップはどういう関係性があり、プロとアマチュアの違いや仕事として成立させるには何が必要なのかなど、豊富な経験を聞くことができます。中部地区初のデザイン系専門学校であり、多くの卒業生を輩出した情報ネットワークも充実しています。卒業後、いきなり個人作家で生活するのは簡単ではありませんが、業界での就業経験を経てフリーのクリエイターになることは珍しいことではありません。
どのような人材や能力を目指すコースですか?
CCCを意識して一緒に学んでいきましょう!
Communication(情報の伝達)、Creativity(想像力)、Collaboration(協調・連携力)を養成します。アートやデザインの能力を開発するのはもちろんですが、それを個人創作だけに使うのではなく、社会に還元する方法、考え方を学びます。アートは社会を彩り豊かに、デザインは社会の問題点を解決する手段にもなります。個のアートから公的なアートへ意識拡張を目指します。
雑貨制作やモノづくり経験はできますか?
個人制作から販売、製品の企画やデザインまで学びます。
本コースでは前身の「雑貨デザインコース」カリキュラムをベースにブラッシュアップしています。デザインに加え、レジン加工や彫金、アクセサリー加工など多様な素材や加工法についても知識と経験を重ねます。校外学習の陶芸教室や在学中に「クリエイターズマーケット」などに参加して自分の創作物を販売する経験も貴重です。将来的な仕事のために市場調査から考えるプランニングや、企業との産学協同コラボレーションなども体験できるでしょう。チーム企画や制作で協力しながら、個人の役割を課題に向き合い、プレゼンテーションをしたり、試作モデルの制作なども経験します。
具体的にどんなカリキュラムを学びますか?
創作の面白さとアート感覚を身につける多彩な授業を通じて
クリエイター、デザイナーとしての才能を開発します。
描写基礎/色彩理論/デッサン実習/イラストレーション/リアルイラスト/立体イラスト/CGイラスト/PC基礎/雑貨デザイン/雑貨エレメント/グラフィックデザイン/タイポグラフィ/エディトリアルデザイン/インダストリアルデザイン/キャラクターデザイン/構成実習/絵本創作/ディスプレイ/陶芸実習/ゼミ授業/研修授業/特別講義/進級制作/卒業制作

社会で役立つビジュアル
コミュニケーション能力を育てるコース

PICK UP CONTENT