マンガコース

スクロール

  • 基礎テクニック

  • 応用テクニック

  • 実践テクニック

  • デジタルコミック

  • デッサン実習

  • 4コママンガ実習

マンガを創る実践力を育む!
圧倒的な結果が証明するマンガ家育成能力

「マンガ」は今や日本が世界に誇る代表的な文化。
誌面だけでなく、映画やTV、ゲーム、キャラクターグッズなど、「マンガ」を中心とした世界進出の可能性は確実に広がっています。
マンガコースでは、作家デビューを目指し、基礎的な技術から応用、
発想方法からストーリー構成、デジタル技術までマンガ表現の大切なことを学びます。
デビューのチャンスを掴むためのバックアップも充実!! 何よりも圧倒的な受賞結果、実績が証明しています。

将来の主な職業

漫画家はもちろん、
豊かな表現力で多方面に活躍!!

  • 漫画家
  • 漫画家アシスタント
  • キャラクターデザイナー
  • イラストレーター

考え方、表現の仕方、
「ニチマの学び」でこんなに変わる

カメラアングルに工夫が見られますが、背景にもっと奥行きを持たせ、キャラの表情にもバリエーションがあるともっと良くなる と思います。

マンガ家
前田 恵美先生

[YYさんの作品]

背景がしっかり描き込まれているので、状況が伝わりやすいですね。
キャラクターの表情も豊かで作品全体に深みが生まれました。

マンガ家
前田 恵美先生

マンガコースの特徴

  1. 現役マンガ家によるリアルな作品指導
  2. 作品投稿・応募/東京持ち込みツアーでサポート
  3. デビューチャンスに繋げる出版社講評会
自分の描いた作品がアニメ化されることを目指して頑張ります!自分の描いた作品がアニメ化されることを目指して頑張ります!

在校生の声

プロの漫画家になって漫画連載することが目標です。幼い頃から絵を描いたり、物語を考えることが好きだったので、自然に漫画家になりたいと考えるようになりました。私は水産高校へ入学という少し変わった経験をしたので、いつかそれを題材にした漫画、具体的には水産高校のボート部を題材にした連載漫画を描きたいと思ってます。
漫画家を目指すためのスキルを学び、原稿の持ち込みなどの実践的な経験を重ねたくてニチマのマンガコースへ進学しました。先生たちは常に親身になって話を聞いてくれますし、多様な視点や考え方を学び、参考になります。同じ目標を持ったクラスメイトたちからも刺激を受けます。好きな授業は作画基礎実習で、これは漫画として絵で表現するための作画技術の授業ですが、知ってたつもりのことから未知のことまで学ぶ中で表現の幅が着実に広がりました。
まだ出来ないことや苦手なこともありますが、しっかり指導してもらえるので心強いです。今は、まだまだ未熟なペンによる作画技術を頑張ることが課題だと思ってます。漫画家は一人の作家なので、自分の経験したことを表現するというのが最も説得力があると考えています。自分が経験したことや実感など、個性を活かしたエンターテイメントを提供できる漫画家になるために精進していきます。

キャラクター創作

キャラクターは作品の出来を左右します。キャラクターづくりの重要性、オリジナリティと他人に伝わる表現力を学び、個性のある魅力的なキャラクターを作成。

トーンテクニック

スクリーントーンを使用して作品を仕上げるテクニックを学びます。プロから実践的な使い方をマスターし、後にデジタルトーン仕上げにも展開していきます。

プロット・ネーム

プロットやネームは作品創作の最も大切な設計図のようなもの。より良い作品を創作するための思考を具体化するプロット・ネームの作り方を学びます。

背景描画

風景や室内描写などの背景はマンガの隠れた主役です。キャラクターを活かす構図やパースなどのテクニックを身に付けるとともに、さまざまな資料についても学びます。

デジタルコミック

パソコンを使用して作品創作できるスキルを身に付けます。「クリップスタジオ」などのソフトを使用し、基本操作から実践的なテクニックまでを学び、原稿の生産性を向上させます。

公募作品制作

さまざまなタイプの公募へ積極的にチャレンジ。4コママンガ、ショートストーリーマンガ、セリフ無しマンガ、テーマ別マンガ、PRマンガなど1年次から授業指導を受けて投稿します。

TOPICS

圧倒的な受賞実績、デビュー実績から受ける影響

MAコースでは「楽しく漫画の描き方を学びながら卒業までの数年間を過ごす」だけでは物足りないと考えています。最終的にはプロの世界で活躍することを前提に、在学中に公募での受賞、デビュー、担当付きに限りなく近づいて欲しいと願っています。プロのマンガ家になるには個人的な能力は欠かせませんが、それを育むのは環境。クラスメイトの受賞や努力姿勢から大きな刺激と影響を受け、自分の潜在能力とやる気を引き出すことが大切です。

持ち込みや出版社講評会へのチャレンジ

プロを目指すために必要な「漫画新人賞」への作品投稿を積極的に推奨します。
また、東京の漫画出版社編集部への「持ち込み」も体験します(希望者)。事前指導により、自ら編集者にアポを取るところから学びます。学院内で行う出版社講評会では、現役編集者からの貴重なお話を聞くこともできます。

OBやプロ作家による特別授業

講師以外の漫画家、原作者などによる特別授業も不定期で実施。
その中にはOBの漫画家もおり、在学中からの心得などを含め、等身大のアドバイスが受けられます。

ニチマ・マンガコースの強み

漫画制作は大雑把にいうと、アイデアを作る、ネームを作る、作画するという三段階があります。すべてが大切ですが、作家として絶対に外せないのは、ネームを作るまでの能力。
作画は目に見えてわかりやすいので頑張る人も多いですが、プロを目指す上で肝心なのはアイデアを漫画のカタチにするこの部分です。上級者でも難しく悩ましい部分ですが、MAコースでは、この部分を重視しているからこそ多くの成果が生まれているのです。

Q.マンガコースの2年課程3年課程の違いは?

2年課程と3年課程は、授業時間は違っても原則的に同じ授業内容を履修します2年課程は2年間に凝縮し、学費を最小限に早く社会に出るという選択。
3年課程は反復課題に加え、3年間の猶予を活かしてアルバイトなども両立させながら学ぶ、もしくは作品作りに時間を費やすという選択です。
それぞれのメリットを考慮して自分自身で学ぶスタイルを選択して卒業資格を得ることができます。

Q&A
よくある質問にお答えします

初心者(未経験者)なんですけど大丈夫ですか?
大丈夫。ゼロから学ぶ強みもあります!
基本、入学する多くの方が本格的な漫画(原稿用紙に描くストーリー漫画)を描いたことがない人です。もちろん個人差はありますが、自分自身が一歩一歩スキルアップし、成長することを目標としてください。クラスメイトから刺激は受けて欲しいですが、現段階の実力や実績を比較してもあまり意味がありません。逆に投稿経験や入賞経験があるからと、慢心してのんびりしていると、あっという間に追い抜かれてしまうので要注意です。
「編集者講評会」とは何ですか?
校舎内で実施する「出張編集部」です
例えば、週刊少年ジャンプ(編集部)は東京都千代田区にあり、編集者も普段は東京近辺でお仕事をしています。彼らがニチマへ来てくれて、学生の原稿を本人の目の前で見て「少年ジャンプ編集者視点」で作品を講評してくれる貴重な機会のことです。
厳しい意見も含めて勉強や刺激になりますし、ニチマの場合、個別の講評をする前に編集者にお願いし、特別講義をしていただく場合がほとんどです。
今まで(週刊少年ジャンプも含め)少年誌、青年誌、少女漫画など、ジャンルを問わず多くの商業漫画誌の編集者にお越しいただきました。
ずばり、マンガコースに入れば必ずマンガ家になれますか?
最も可能性の高い手段です!
誰でも絶対に漫画家になれるとは言えませんが、可能性を数倍にすると自負しています。マンガコースの役割は、受賞レベルの漫画が描ける様に学生をサポートし、プロへの道筋を示すこと。そこから先は担当編集者との二人三脚で連載作家を目指すことになります。ニチマのマンガコースは「ゴール」ではありませんが、プロへの「登竜門」として機能するために存在しています。

読者を惹きつける絵の描き方から
プロレベルのコツまで、
反復しながらスキルアップします

PICK UP CONTENT