グラフィックデザインコース

スクロール

  • 広告デザイン

  • ブランディングデザイン

  • パッケージデザイン

  • エディトリアルデザイン

  • イラストレーション

  • Webデザイン

  • アートディレクション

  • 写真・映像

豊かな感性と柔軟な発想を持つ
視野の広いグラフィックデザイナーを育成

グラフィックデザインコースは、ポスターや新聞などのアドバタイジング(広告)、
雑誌やパンフレットなどのエディトリアル(編集)、商品パッケージなど、さまざまなジャンルに
おけるデザイン・ビジュアル表現やディレクションを学び、プロのグラフィックデザイナーやアートディレクターを目指すコースです。
業界の第一線で活躍するクリエイターのハイレベルな指導により、実践力のあるスキルを養います。

将来の主な職業

さまざまなスキルを身に付け、
デザイナーやディレクターとして活躍!

  • グラフィックデザイナー
  • Webデザイナー
  • アートディレクター
  • イラストレーター
  • エディトリアルデザイナー

3年制コースがスタート

3年制コースがスタート

2年課程、3年課程コースから選べます。
早くから社会で働くという選択に加えて
3年間じっくり学ぶという選択もあります。

2年課程と3年課程コース。2年課程は1週間の授業数も多く、できるだけ早く社会に出て働きたいというニーズのためのコースになります。3年課程は、原則的に午前中心授業。午後の時間はアルバイトをすることで学費の負担を減らしたり、課題や自主制作の充実に充ててスキルアップを図るなど、自分の生活スタイルや学習スタイルに合わせて、3年間を計画的に活用してじっくりと学べます。就職活動の基本として充実したポートフォリオを作り込み、2年次の終盤から就職活動準備や調査を始めて、3年次は就職活動やインターンシップに注力するという就職活動に重きを置いた選択も良いでしょう。

考え方、表現の仕方、
「ニチデの学び」でこんなに変わる

独特のタッチが魅力的ですが、もう少し密度が欲しいところ。色使いにセンスを感じます。自分のモノに出来るかがカギです。

グラフィックデザイナー
新家 春二先生

[KMさんの作品]

色使いも洗練され、タッチにも磨きがかかっています。
密度も上がり作品のクォリティがぐんと上がりました。

グラフィックデザイナー
新家 春二先生

グラフィックデザインコースの特徴

  1. 基礎を重視した徹底指導で、「真の実力」を養成
  2. 丁寧な指導でデジタルを使いこなすデザイナーに
  3. どんな課題にも対応できる、幅広い表現力を習得
世の中の役に立てるグラフィックデザイナーは素敵だと思います!世の中の役に立てるグラフィックデザイナーは素敵だと思います!

在校生の声

グラフィックデザイナーを目指してこのコースを選択しました。私の場合、高校時代からグラフィックデザインを勉強していたので、専門学校へ進学してグラフィックデザイナーを目指すことは既定路線という感じです。物づくりが好きで、印刷や広告、特に紙媒体に魅力を感じています。そういう意味ではデジタルなデザインスキルだけでなく、様々な広告分野、基本的なデザイン感をしっかり勉強できる伝統あるニチデはピッタリでした。
好きな授業はパッケージデザイン。メッツラー先生(ドイツ出身)の授業は国際目線でデザインのお話をしてくれるのでとても勉強になりますし、良し悪しをハッキリ指摘してくれるノリの良い先生です。これからはWEBデザインも大切だと思うので、プログラムなども勉強していかないとですね。将来的にはフリーランスのデザイナーになって、猫が隣にいて、髪色も好きにして、優雅にのびのびとクリエイティブな仕事ができる立場を目指します(笑)。
このコースで学ぶなら、他のコースの人たちと仲良くして、卒業制作で協力し合うとか、コラボするとかが楽しいと思います。髪の色は1年生の時に(就活が始まる前に)自由に楽しんだ方がいいですね。

デザインの基礎概念をしっかり伝える

さまざまなデザインの知識や考え方、発想力のテクニックを徹底的に指導。伝統と実績のあるデザイン教育と数多くの卒業生の活躍を裏付ける、基礎を重視するカリキュラムで、実社会のどんな局面でも力を発揮することができる真の創造力を育成していきます。

デジタルを使いこなす
デザイナーを育成

パソコンの基礎から丁寧にきめ細かく指導。着彩やCG加工など作品づくりのテクニックを身に付けるのはもちろんのこと、Webサイトを設けて作品の発表の場としたり、自分のセールスポイントをデータ化して就職に利用するなど、デジタルスキルを積極的に活用する能力を養います。

アイデアと表現力、
デザインする力を養成

各種画材やデジタルツールの特性を活かした表現力豊かな発想を学び、イラストを描く、写真を活用する、CG制作が得意など、個人の長所と可能性を伸ばします。自己満足ではなく客観的に評価されるハイレベルな制作を行い、さまざまな課題に対応できる優れた表現力を養います。

中部地区で最も長い歴史、
高い業界就職率

ニチデのグラフィックデザインコースの最も大きな特徴は、歴史ある伝統と高い業界就職率にあります。
過去5年間においての業界就職率は95%を誇ります。現役のデザイナーだからこそできる時代に合わせた最適のカリキュラムと授業課題、各々のレベルに合わせた柔軟な指導で、鋭い感性と実践的なスキルとを合わせ持ったデザイナーを育成し、クオリティの高い作品制作に取り組んでいます。
その結果、デザイン業界での信頼性を維持し、毎年高い就職率をもたらしています。

グラフィックデザイン業界MAP

学生から
プロのデザイナーへの道のり

01作品制作

作品をつくりながらデザインを学ぶ
デッサンや色彩などの基礎を学びながら、徐々にデザイナーの仕事に近い作品を制作。ニチデで課題を考えるのは全て現役のプロのデザイナー。
業界で活躍するためのスキルを取得し、企画からデザイン、プレゼンテーションまでおこなう課題は常にデザインの現場を意識した課題制作です。積み重ねた作品は就職活動で自分をアピールするため最大のツールであり武器になります。

02個別面談

行きたい会社を選んで作戦会議
デザイナーになるにはデザインだけでなく、「デザイン業界」についても知る必要があります。
様々な課題に取り組む過程で、自分はどんな仕事がしたいか、どういった会社を目指すべきかなど、先生と相談しながらなど考えていきます。
志望する会社が見つかったら、次は何を準備するべきか、先生と一緒に作戦会議です。

03ポートフォリオ制作

自分自身を
将来性あるデザイナーにプロデュース
志望する会社に、自分が将来性ある人材であることをアピールするために必要となるのが、自分の実績を集めた作品集である「ポートフォリオ」。
グラフィックデザインコースでは、ポートフォリオ制作をメインとした「セルフプロデュース」という授業を実施しています。志望する会社に合わせてポートフォリオも調整します。作品は作って終わりではなく、いかに魅せるかの工夫も大切です。

04入社試験

これまでの経験を存分に発揮しよう
ポートフォリオができたら入社試験。面接や試験など、企業によって様々です。
授業以外でも先生と個人面談の練習や、実技試験対策を実施。ここで役立つのが、授業でおこなうプレゼンテーションと作品アピール。ニチデの授業はここでも役立ちます。

05内定

いよいよ新鋭のデザイナーへ
努力が実って来年度からは晴れてデザイナーに。
でも、ここで終わりではありません。真のプロのデザイナーとして通用するまでに、卒業までの残された時間を「卒業制作」などを通じて、自分のデザインのクォリティに磨きをかけていくことが大切です。

卒業生からのメッセージ

株式会社山崎デザイン事務所
グラフィックデザイナー
溝田 愛梨 岐阜県・ぎふ国際高等学校出身

学院入学時の目的は?
音楽や映像作品がとても好きでした。そこで好きなモノの魅力をより魅力的に発信していく仕事がしたいと考え、デザイナーになることを志し入学しました。
ニチデで最も印象に残っているのは?
「ブランディング」の授業。自由度が高く、好きなデザインと向きあえる機会でした。ポートフォリオ制作も楽しかったです。先生に助言をいただき、満足のいくポートフォリオを作ることで、就職活動において、自信と強みになりました。
会社での仕事の内容は?
絵コンテやカンプ作り、デザインのアイデアを出したり、ラフやイラストを描いたりしています。
仕事をする上で大切にしていることは?
早く仕事に慣れて、戦力になれるよう何でも意欲的に取り組むことを大事にしてます。
仕事でやりがいや達成感を感じるのはどんな時?
効率の良い作業方法で仕事ができるようになり、任された仕事を最後まで自分でやりきった時は自分の成長を感じ、達成感があります。
今後の目標は?
社会人としての基礎を身に付け、デザイナーとしての技術・センスを磨いていきたいです。
デザイナーを目指す方へメッセージ
ニチデの先生に教えてもらったことは、今の私の土台となっています。デザインやイラスト、それ以外にも様々なモノを見て吸収し、自分の引き出しを増やしてください。

よくあるご質問にお答えします!Q&A

美術部やデザイン系の高校出身じゃなくても大丈夫?
大丈夫。ゼロから学ぶ強みもあります!
毎年、初心者の方も多く入学します。もちろん、多少の個人差はありますが、入学して一年から一年半くらいしたら、十分に就職できるレベルにまでスキルアップし、成長します。逆に高校から美術、デザインを学んでいたからと、慢心してのんびりしているとあっという間に追い抜かれてしまうので要注意です。
グラフィックデザインコースに入ればデザイナーになれますか?
はい。なれます!
指導する先生は全て現役のデザイナー。先生のアドバイスを聞いて、作品を制作しながらデザインのことを本気で学んでいけば必ずデザイナーになれます。もちろん、何もしなくても自動的にデザイナーになれるわけではありませんが、ニチデの学生にとってデザイナーとして就職すること自体は、特に難しいことではありません。その次の、それぞれが望むフィールドでより良いデザイナーを育てることを目標としています。そのために、自分から積極的に先生たちに質問するなど、充実した学院生活にすることが大切です。

多彩な授業を通じ、グラフィックデザイナーとして
活躍するための十分な知識と技能を習得


在学生よるフリーペーパー「INTRO」が発刊されました

グラフィックデザインコースの在学生が中心になって、企画から編集、誌面のデザインまですべて学生たちでやっちゃいました!
フリーペーパーのネーミングからコンセプト、内容までイチから考えて企画会議を重ね、慣れないズームミティングなんかも経験したり、試行錯誤の末に完成。いつもの授業課題以上にリアルな仕事体験になったと思いますし、これからの自信に繋がるのでは無いでしょうか。

PICK UP CONTENT