声優タレントコース

メディアアート学科

声優タレントコース

放送、芸能業界で活躍するプロを育成

アニメ・ゲームの声優や、映画の吹き替え、ナレーターや俳優など放送・芸能業界を目指します。プロ仕様の設備・教材を使って、現役のタレントやアーティストが実践的な指導を行います。有名プロダクションとタイアップして「学内オーディション」を開催したり、プロダクションの責任者が来校して審査するなど、在校中からプロデビューへの道をバックアップします。

声優タレントコース TOPICS!!

学院内オーディション

プロダクションや劇団の採用担当やスカウトマンなどが学院に直接来訪して行われる「学院生のみ対象」のオーディション。リラックスして挑むことが出来て有利な状況。ほとんどの学生がこの学院内オーディションで合格を得ます。

学院外オーディション

学院生以外の受験者と一緒に受ける一般オーディションで、プロダクションの事務所や劇団の稽古場などで行われるのが一般的。もちろん、オーディションの事前に担当講師からの指導やアドバイスで、合格に向けての厚いサポートがあります。

プロフィール写真のスチール撮影

プロダクションへのプロモーション用としてプロフィール写真を撮影します。顔の角度、ポージング、自分の魅力を思うように発揮する方法を知るチャンスになります。

学ぶ分野

1. 正しい日本語の習得

1. 正しい日本語の習得
声優として仕事をしていく上で、必要不可欠な「正しい日本語」の発音を習得。言葉をきれいに聞き取りやすく話すための滑舌やアクセント、腹式呼吸を学びます。

2. 表現力向上(演技力向上)

2. 表現力向上(演技力向上)
声優やタレントは高い演技力が求められる職業。演出家や監督のプランに対応する表現力を養います。また、カリキュラムのひとつ「舞台公演」で実践力と実力を磨きます。

3. スタジオワーク

3. スタジオワーク
専用のスタジオでの実践的レッスンで着実に実力アップ。台本の取り扱いや見方、マイクへの入り方や周りのキャストとの連携など、実践的でなければ身につかないレッスンを行います。

4. 歌唱&ダンス

4. 歌唱&ダンス
タレントとして必要な「リズム感」や「音感」などを身につける歌唱やダンス。それぞれ専門の講師が担当して、ハイレベルなレッスンを展開しています。

Future Works -将来の主な職業-

自己の演技力・表現力で、あらゆる芸能メディアで活躍!

声優

アニメやゲーム、外国映画などでの登場キャラクターの声を担当。CMや番組のナレーション、ラジオ、舞台など活躍の場は幅広い。

俳優

映画や舞台、TVなどに出演して演技を行う。プロダクションや劇団に所属するほか、フリーで活躍することもある。

タレント

司会者、リポーター、コメディアンなど、個性をセールスポイントにTVやラジオで活躍。

歌手

歌謡曲、ジャズ、ロック、アニメソングなど、さまざまなジャンルがあり、レコード会社と契約。音楽系のプロダクションに所属するのが一般的。

ダンサー

踊りを通じて制作的な表現活動を行い、舞台やTVなどで活躍。

ラジオパーソナリティー

ラジオ番組の司会・進行役やCMのナレーションなどをつとめる。